3月30日

2007033110272200-20070330074741-small.jpg

今日は予報では波が高く、強風でしたが、伊東のバースをお借りし続けていたので(しかも出づらい)、出ることにしました。少なくともマリーナに移動するか熱海まで行くか、あわよくば諸磯入港を目指しました。
写真は、まさに嵐の前の静けさ状態で、見事に半円を形づくっている虹です。
初島を過ぎた辺りからスコールの様な雨が振り、波は色んな角度から襲ってきてみんなびしょ濡れ。さらに猛烈なブローが吹き込み鬼のようにヒールしたため退却を余儀なくされました。後の天図によると、低気圧の真ん中の温暖前線と寒冷前線の狭間だったようです。ナビだった小谷は酔いまくりノックアウトし、デッキ上は4人で頑張りました。初渡りヘルムの僕は3年生のアドバイスを受けつつ横波を受けないようにし、なんとか沈は避けました。が、安全が保障されないという点でスプラッシュマウンテンの100倍怖かったです。その後はクルーワークを発揮し熱海へ緊急入港。平和すぎる町とさっきまでの状況とのギャップに不思議な感覚を覚えました。
2年 井口和宏

3月30日」に2件のコメントがあります

  1. 小谷君、撃沈ですか。船酔いも重ねるうちに強くなるものです。何よりも無事で良かったです。出航のメールを見た時にやはり不安がありました。都内も大荒れで雷鳴も轟き突風も吹き荒れ正に春の嵐でした。                 特に慣れて自信が出た頃が一番危険ですし、今回の様にクルーのメンバー、泊地の問題、迫った日程などは判断を誤らせる要素です。呉々も判断は慎重に願います。

  2. はい、出航判断は常に慎重に行いたいと思います。
    ただ、今回のような海況での出航は新入生が入ってきたら出来ないようなものだったので、そういう意味では一年で最もレベルの高い練習ができる時期として、良い経験ができたと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。