3月9日(日)Blue Ribbon・Shark J走り合わせ

こんにちは、3年の井口です。更新が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
●風向 南東→南→南西
●風速
 午前 6m前後
 午後 12m以上
●波の高さ 1m
●練習海域 赤白付近
●練習内容
午前 2艇でのスタート練習
午後 スピンラン(後、即入港)
これまで、あまり走り合わせをする経験がなかったため、Blue RibbonとShark Jの両艇を出してくださったことで、非常に充実した練習をすることができました。SharkJのメンバーは、現役は矢野・井口・小谷・笹川、そして関根さんとクルーの小林さんでした。
今日は午後から強風になるという予報が出ていたので、早めに出航して、短期集中の練習を行いました。
まず、スタート練では、関根さんのアドバイスなしに行いました。コースとしては、これまでの練習どおり、2分前に見立て本部艇の下(しも)50mほどでジャイブ→クローズまで上し(のぼし)→スタートライン手前で蛇行(クローズ→アビーム→クローズ)という感じです。
一応良いスタートが切れたと思ったのですが、関根さんには「その走り方は他艇を想定しないものであり、本番ではそう上手くはいかない」とアドバイスしていただき、「たしかに…」と納得してしまいました。
その後、関根さんがタクティシャンやヘルム、ジブトリマーなど様々なポジションを身をもって教えてくださり、より実践的なスタートの切り方を学ぶことが出来ました。
ブルーリボンとも何度かスタート練を行いましたが、さすがにリボンもなかなかに良いスタートが切れていたため、レースに対する熱意が強く沸いてきました。
一方で、後半はスピンを1度上げたあたりで強烈なブローが入り、すぐに入港することにしました。その時も、私は急な出来事だと思っていたのですが、関根さんは「遠くにいる風上の船のセールは、たたんでいるか、とても小さい。このように視野を広げると、海の状況が分かってくる」というようにおっしゃっていました。私は今回タクティシャンとして船のコースを決める役割を担うのですが、このように海全体に視野を広げることは、安全という点でも、とても重要であると感じました。
SharkJの関根さん、小林さん、そしてブルーリボンにはたくさんのOBの方々に乗って現役を指導してくださり、本当に有難うございました。ANIORUは水曜日から始まりますが、船に傷をつけないことと大会での好成績との両立を果たしたいと思っています。また、今回のようにOBの方々に指導して頂く機会を、今後も練習スケジュールの一環として組み込むことが出来れば大変有難いです。
20080312-080309_1519~01001.JPG

3月9日(日)Blue Ribbon・Shark J走り合わせ」への1件のフィードバック

  1. 監督

    関根さんはじめコーチング頂きました皆様、本当に有難うございました。
    まだまだ未熟な彼らですが、今後とも温かく見守っていただければ幸いです。
    少数精鋭でガンガンヨットに乗り込んでください。
    かっこいい大人を目指して!
    今日からのアニオール健闘を祈っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中