東京ベイカップ

主将の笹川です。
夏の倦るような暑さの中、夏クルに向けての整備は着々と進んでいます。
さて、先日の8月2日、現役から自分と副将の小谷が、ブルーリボンのクルーとして、
東京ベイカップCコース(三宅島阿古漁港から大島筆島沖まで)に参加致しました。
7月31日の15時過ぎに出港し、8月1日の朝方7時頃に三宅島に到着。
満天の星を見ながらのナイトクルージングで、星を目指して舵を取るという初めての経験でした。
レースの開始時刻は2日の朝7時なので、1日は三宅島を観光。バスを使って島を一周し、島の様子をざっと眺めました。
火山噴火の爪痕が残る島の姿からは自然の力の脅威を感じました。
夜はレース参加艇同士の交流会。
レース参加艇だけでなく、三宅村の村長がいらっしゃるなど、レース自体に非常に好意的でした。
こういったヨットレースのようなイベントが三宅島の復興につながることを願うばかりです。
さて、肝心のレースは南風にのりポートタックのクォーターリー一本。
自分と小谷はスピントリムとメイントリムを交代交代で行いました。
大島の付近で突如風速があがり、艇速も9ノットまであがりましたが、ブローチングすることもなく15時過ぎにゴール。ノージャイブです。
レースを通して感じた反省点は、ヨットの技術以前に集中力に欠けていることです。
レース中に色々なところに気を置くことが出来るようになりたいと思います。
レース後の夜は大島で表彰式と祝賀会。
地元の方々の伝統舞踊を見ながら酒を飲み、コロッケやカレーを食う至福の時間でした。
3日目は大島から鴨川へのレグ。
時折ジャイブを入れながら、無事に鴨川に到着しました。
4日間お世話になった辰巳さん、吉川さん、占部さん、和田さん、本当にありがとうございました。
今日の夜はついに出港です!
下田目指して頑張ります!

東京ベイカップ」への1件のフィードバック

  1. 三宅レースご苦労様でした。
    大島と三宅の間は潮も強く、波も悪く
    これが外洋だということを実感しましね。
    ナイトではいいセーリングが出来たと思います。
    灯台や本船の灯に早く慣れて安全な航海を
    目指してください。お気をつけて!
    ブルーリボンは鴨川でゆっくり休養し
    外房巡りをします。
    タツミ ゆたか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。