9月23日

現役3年の笹川です。
報告遅れましたが、ネオパトスが諸磯に戻ってきました!
22日、清水にてネオパを下架、試走を行い、
23日は清水から下田、
24日は下田から諸磯に向かって回航を行いました。
どちらも50マイル程のレグでしたが、滞りなく諸磯に帰航いたしました。
今回の事故や修理において、ご支援して下さったOBの皆様、本当にありがとうございました!
今回の経験を生かし、練習に励みたいと思います。
それでは、23日の航海日誌です。
9月23日(火)
■天気 曇→晴
■風向 北西〜西
■風速 1〜2m→8〜9m
■波高 50cm→1m50cm(うねり有)
清水は折戸マリーナから、太陽が昇りかけた5時頃に妻良港を目指し出港しました。
クルーは矢野、井口(4)、笹川、小谷、秋山(3)、宮澤、宮地(1)の7名。
出港時刻では北西から西の風1〜2m、ややうねりのある海況で波高は50cm程と、あまり風には恵まれませんでしたが、南方向の潮流に乗り対地6ノットで航行しました。
本来は妻良に入港の予定でしたが、午後は西風が強くなることが予想されるため妻良では入港や防波に不安を覚えた点、
妻良に入港する場合、25日に回航乗る人員の問題、潮流を掴んでいた等の理由から、
上級生と相談し、下田港への回航を行いました。
松崎付近から帆走に切り替え、やはり対地6ノットで航行。
石廊崎を越えた辺りで西の風が8〜9m、波高が1m50cm程に上がり、
ダウンウィンドを受け7ノットでの航行。
安全面から、神子元島の外側を周り、午後2時には無事下田に入港致しました。
水深の浅い下田への入港では新たに取り付けられた水深計、タコメーターが非常に役立ちました!
取り付けを許可頂いたOBの皆様方には感謝しております!
入港後は少し下田を歩いて買い出しを行い、夜は安く買った肉やら野菜を焼いて焼き肉を堪能。
翌日の朝5時出港にむけてスタミナをつけて就寝しました。
妻良から下田に目的地を変え、やや強い西風を受けることになりましたが、
結果的には素早く、安全な港に入港出来たと思います。
様々な視点から的確な判断を考える、いい勉強になった1日でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中