牛窓クルージング



3/12
矢野さんと一緒にいそぽんさんのヨット「メーヴェ」に乗せていただきました。
ANIORU’s CUPの閉会式のあと西宮から矢野さんの家に一度寄り、その日のうちに矢野さんの車で牛窓のヨットハーバーへ向かいました。
ハーバーに着いたときにはもうすでに深夜0時を過ぎていたにもかかわらず、いそぽんさんはハーバーの入り口で待っていてくださいました。
その夜は船内でお酒とおつまみを頂きながらいそぽんさんに新歓について相談にのっていただきました
3/13
次の日は朝食に釜で炊いたご飯をごちそうになった後、小豆島へ向けてクルージングを開始しました。
その日の瀬戸内海は風が強くなく、まったりクルージングしながら小豆島に到達し、まずは岡崎造船所にお邪魔しました。
NJYとは違って海沿いのこの造船所は建物自体にぬくもりを感じられてとても落ち着きます。
岡崎さんといそぽんさんとの会話を聞きながらチラチラ造船の様子を見学させていただきました。
矢野さんのここで艇を造ってもらいたいという気持ち、僕にも分かります。

岡崎さんに車を借りて、小豆島観光を始めました
小豆島はとても起伏に富んでいて、どこから見ても違う表情を見せてくれるので飽きません。
「香川と言ったらやっぱり !」なうどんを頂いた後、温泉「オリーブの湯」でゆっくり湯治を行いました。
そこで気づいたのですが、最近裸眼の視力がちょっと上がった気がします。
やはりヨットは人の眼を良くするのでしょうか
暖まった体で次は山の奥、豆島八十八ヶ所霊場のひとつのお寺を訪問しました。
正式なお参りは険しい山道を登るもので、僕たちは車で行けるところまで駆け上がってしまったのですが、それ以降の岩山登りはなかなか歯ごたえがあって、ちょっとした雑念なら簡単に排除できそうでした。
岡崎さんに車をお返しし、メーヴェに戻って出航すると、都合良く気持ちのいい風が吹いていました。
ネオパ以外初めての舵をしばらく持たせていただいたり、メーヴェのようにどうにかしてオートヘルムを手配できないか企んだりしながらまったりセーリングをしながら牛窓に戻ってきました。
今回のいそぽんさんのメーヴェのように、世界各地にKCCのOBの方がいらっしゃって、そこに現役が遊びに(!)行けるというのはとても幸運な事だと思います。
そう、とても貴重なことなんです!どうですか!?KCCに入りませんか?新入生の方!!
今回のクルージングで瀬戸内海を初めて体験し、瀬戸内海や牛窓がとても気に入りました。いそぽんさん、本当にありがとうございました。またいつか伺いたいです。
宮澤

牛窓クルージング」への3件のフィードバック

  1. いそぽん

    岡本じゃなくて岡崎だよーん(^o^)
    よく来てくれました。遠くからの来訪
    ほんとうれしいです。
    今度はネオパで来て下さい。(^_^)v
    伝統の約束、『買い放題』約束しますので!
    OBの皆様もご近所お立ち寄りのさいは一声かけて下さい

  2. かねふじ

    磯野さん、現役がお世話になり有難うございました。瀬戸内を代表する素敵なエリア牛窓に是非遊びにゆきたいです。

  3. かねふじ

    宮澤君、とてもよい経験になったのではないかと思います。貴兄が4年生主将の時に、多くの後輩を率い瀬戸内海クルーズができるまでに成長していることに期待しています。
    頑張れ現役諸君!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中