6月20、21日

笹川です。
6月20〜21日の活動ブログです!
6月20日(土)
■天気 晴
■風向 北〜北東
■風速 2m→午後から6m
■波高 50cm(うねり)
この日は上級生、下級生ともに妙に予定が重なり、
4年生1名、1年生3名というまさかの人数配分。
急な身内の不幸などもあり、予期できない状態でした。
さすがに上級生1人では練習内容も限られるな…。
と、練習計画を練ろうとした矢先。
夜に行われる学連の安全講習会のため、神戸大の学生が2名やってきていたのですが、
そのうちの1人、同期の田村がネオパに乗ることに!
というわけで、5名で出港。
天気良く、風は軽風。
最近ぐずついた天気が続いていたので嬉しいです。
練習はタックを数本行い、サークリング。
風に合わせたトリムを1年生にも徹底させます。
そして昼前にはスピンアップ!
1人では絶対出来なかったです汗
1年生にはバウ、アフターガイなど任せて練習。
取り込みは結構キツかったですがなんとか回収。
こういう機会があればスピンはガンガン上げていきたいですね、
昼飯を済ませて、次は赤白をショートレグで上下。
流れるように、位置出しを敢行。
夜の安全講習会にむけて八の字でのライフポール回収練習。
(いそぽんさんに貰ったライフポールは非常に見やすいです!)
15時過ぎにポンツーンへの着艇練習と、かなり盛りだくさんな内容になりました。
練習に付き合ってくれた田村、本当に助かりました!ありがとう!
さて、16時半に入港後は片付けをし、シーボニア入り口にあるAOraに直行。
18時からの安全講習会に参加です。
内容はライフジャケットの必要性、落水救助の方法、落水者のとるべき対処などについて。
下級生向けの内容という事で、各大学の1年生は前方でしっかりと話を聞いていました。
20時、講習会参加後、明日の食物を買いにFUJIに。
夕食を作る時間も無いので安売りされていた弁当を買う事に。
まぁしょうがないです。300円ぐらいでしたしね。
22時、10時天を取らせた後、ナイトにはでられないので座学。
座学内容はセールのトリムについて。ヨットの醍醐味ですね。
各部の名称や役割から教えました。
24時に座学も終わり就寝。
6月21日(日)
7時起床。
飯を食い、出港準備。
しかし風がやや強く(7〜8m)上級生1人ということもあり、
出港はせず。
ジブセット、ジブチェンジ、スピンセット、スピンジャイブなどを
バースに着けた状態で練習する事に。
ここで出来なければ海でもできるわけがありません。
昼飯を食った後、エンジンの不調について山下ボートサービス(YBS)の山下さんと連絡。
すると、ちょうどポンツーンが空いているとのことなので、エンジンを見てもらう事に。
1時30分、油壺まで向かい、YBSのポンツーンに着艇。
(1年生にとっては思っていた以上に着艇が難しいポンツーンでした。)
スプリングを取り、エンジン周りを片付け。
スタンに収納されている毛布類を全てバウに移動させます。よっこらせ。
片付けた後、山下さんに来ていただき一度エンジンをかけてみる事に。
一度目はかからず、そこで少しスロットルレバーを前後に動かすとエンジンが始動。
そこで山下さんの一言。
「これはニュートラルスイッチの不良じゃないかな?」
ニュートラルスイッチってスロットルが中立の時にしか
エンジンが始動しないようについているアレですよね。
スターターとかボタンの配線ではなくそこですか!?盲点でした。
試しにニュートラルスイッチの配線を短絡させてみると、
エンジンが容易に始動。
まさかです。こんなところに要因があるとは思いませんでした。
クォーターバースの中の湿気が不良の原因かもしれないとのことです。
(どうしてもこもってしまうようですが)
本来はYBSに1週間置かせて頂く予定でしたが、
バースに戻してこの後の様子を見ることに。
ということで、エンジンの不良問題はおそらく解決に向かいそうです!
今週の練習は人数が危ぶまれましたが、
1年生にとっても部にとっても、実りある内容になったと思います。
毎週全員に何か収穫があるような練習を目指したいです。
それでは失礼致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中