OB艇ブルーリボンで練習(コーチ 73卒 辰巳)

BR練習クルージング

波浮から下田へのスピンラン 土砂降りだった トリマー床島とその指導者狩野
 
下田に着いても豪雨 左から ブッシュ、宮澤、床島、宮岡、狩野、占部
西伊豆から下田へ石廊越え オーナー風の鈴木チビ、女性がいるとハイテンションのタクヤ、ナビ技量急上昇の宮岡 伊東へ着いてほっとした現役 宮岡、笹川、床島、今村 よく頑張って くれました
 

7月末より2週間、式根、三宅、大島、西伊豆、清水へのクルージングを行いました。
ブルーリボンのメンバーは入れ替わりで乗艇:前半 吉川(72)狩野(75)占部(75)中盤 和田(79) 後半 鈴木(72)大内(73)タクヤ(75) 私辰巳(73)は全部通しで乗りました。 現役は前半 宮澤(2年)床 島(1年)中盤から宮岡(4年)が加わり、後半は宮澤が降りて 笹川(4年)今村(1年)が乗りました。床島(1年)は全部通しで乗り実走350マイルを乗り切りました。
壺ーー式根ーー三宅ーー大島の間は前線がまだ居座り強風と濃霧に悩まされました。潮も強く風向きが一定せず、どこへ行っても上り、また上りでした。
2年宮澤はスキッパー練習。よく頑張っていましたが、やはり小型を経験していないのでヘルムを始めとして操船に不安があるようです。様々な海況で経験を積むことが望まれます。床島は初めての本格的なナイトに船酔い。これは当然のことですが、ヨッティングに対する熱意に大いに期待出来るものがありました。波浮では槍付けアンカリングをしましたが、最近はどこの港も岸壁横抱きなので練習の機会が少なく、そこはOBが見本を見せたに留まりました。今後、自信をもってアンカーが打てるようになって欲しいものです。大島から下田へは順風のスピンラン、何度もジャイブ練習をし床島はフォアデッキでポール返しを頑張りました。
このような機会を多く練習に取り入れてください。スピンを降ろす時は結構吹き上がってきましたが安全に降ろす練習も不可欠と思いました。
途中から乗った宮岡は船酔いに強くナビを特訓しました。初めは心許なかったのですが、終盤は安心して任せられるようになりました。
前半折り返しの清水では折戸マリーナに係留。村岡さん(79卒)の勤務先の関連会社なので様々な便宜を図ってもらいました。清水湾の一番奥の落ちつける好泊地です。帰りは台風の発生、早朝の大地震などハプニングの連続で帰途を急ぎ帆走出来る場面は少なかったのですがナビ、天気図、風の予測など練習メニューは豊富でした。後半から乗った今村は床島同様、意欲が高くおおいに期待できる新人です。
台風の接近により下田へ非難した時は、サーファース、ハッチャー、シャローム、餓鬼大将などKCCのOB大集合といった感でした。
我々はまだ若手?ですが、長いヨットライフを続けている先輩を誇らしく思う一時でした。現役諸君も艇内をいつも整頓し安全運航に務めるなど、いわゆるシーマンシップの涵養に励んで欲しいと思います。まだまだ忙しく実社会で活躍中のブルーリボンメンバーも後輩指導に熱心にあったてくれました。またブルーリボンとしても現役の力なくしては、今回の航海は出来得なかったと感謝しています。
今回身につけたことが後半のネオパトスクルージングで役だってくれることを願っています。
ブルーリボン たつみ ゆたか(コーチ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中