春合宿、第二週

2月18日
12時、三崎口集合。
フジにて買出しを済ませてネオパへ。
14時、ネオパ到着。とりあえずフィッティングをします。
フィッティングをしている最中に、雨が降り始めました。
午前中は雨、そして午後からは晴れるとの予報のために午後集合にしたのに・・・
結局雨に降られてしまいました。

雨が止むまで船内待機をしているついでに、ネオパ搭載備品の総確認をしました。
バウからスタンまで、ありとあらゆる収納スペースをチェック。
どこに何があるのか、場所ごとにリスト化していきました。
春休みはネオパで長い時間を過ごすことになるので、これも大切な作業です。

夕方には雨が止んだので、先週やりのこしたタフラフの整備をしました。
タフラフが短すぎてあそびができていたので、マストに登ってタフラフのあそび部分を解消しました。
マストに登ったのは床島です。日没してしまったので辺りは暗く、夜空には満月。
少し危ないコンディションでしたが明学の出水さんに手伝って頂き、無事作業を終えることができました。
出水さん、ありがとうございました!

2月19日
メンバー:床島、今村、虫賀監督
風速:12ノット
風向:北
海況:良好

今日から本格的に練習がスタートです!
今日は虫賀監督に来ていただき、レースの練習とダブルハンドでのスピン練習をしました。
出航直後、赤白へ。赤白を本部艇に見立ててスタート練習をしました。

自分と床島それぞれ3回ずつヘルムを持ってスタート練習をしたのですが、これがかなり難しい!
自分は本部艇から離れすぎるクセがあり、スタートが遅れてしまいます。
一方床島はこれまでに何度かレースでのヘルム経験もあり、良い感じのスタートをきれていました。

レース練習の後は、ダブルハンドでのスピン操船の手順の確認をしました。
11時ごろには風が落ち、練習にはちょうどいい海況となりました。
こちらもヘルムともう一人(バウ・トリム)、それぞれポジションを交代して作業を確認しました。
5~8ノットの海況でなら、十分ダブルハンドでもスピンで走れるのだと感じることができました。

スピンでしばらく走った後、昼食。
午後は復習として、スタート練習とスピン練習を午前同様に行いました。

2月20日
メンバー:床島、今村、虫賀監督
風速:18ノット
風向:北東
海況:やや波強

今日は小網代レースに参加しました。
小網代沖からスタートの、10マイルのコースを回航するレースでした。
コース取りが上手くいかなかったりスピンを上げることができなかったり、レースの結果はあまり良くありませんでしたが、なんとか完走することができました。

午後は、午前中に上げることのできなかったスピンに再挑戦しました。
落ち着いて手順を確認し、着実に作業を行うように心がけてスピンアップに臨みますがやはり上手く上がらず。
今日のような海況では、まだスピンを上げるのは難しかったようです。
今日の練習では課題が数多く見つかったので、今後の練習に生かしていきたいものです。

19日、20日はかなり充実した練習内容となりました。
虫賀監督、どうもありがとうございました!

2月21日

メンバー:床島、今村、大澤コーチ
風速:20ノット
風向:北東
海況:荒天

今日は大澤OBに来ていただいての練習となりました。
・・・が、風が強い!
天気図上でも強風域に入っています。
「ウサギが跳ねる」と比喩されることもありますが、沖には白波がガンガン立っています。
ですが練習は中止せず、ハーネス着用で出航!とにかく赤白まで行ってジブを上げました。
確かに風は強く、波もありましたが何とか走れる海況でした。

ジブアップ後はヒーブツーで小休止。
ヒーブツーと言えども、この海況では4ノットで風下に流されてゆきます!
これはもはや「止まっている」とは呼べませんね・・・

休憩のあとは、落水救助練習をしました。
落水事故が起きるのは荒天時なので、リアリティは十分です。
タコツボを落水者に見立ててクイックストップ救助法で船を止め、マーク風上に着ける練習をしました。
まずはダブルハンドで手順を追いながら確認。目標を見失わないように操船しなくてはいけません。
風も強く艇がながされやすいので、目標の横に着けるのも難しいです!
一通りダブルハンドで操作の確認ができたところで、今度はシングルハンドでの救助に挑戦しました。
ヘルムとワッチに加え、さらにメインのトリムもする必要があります。
難易度が高くなるのもありますが、シングルハンドだと焦ってしまいがち。
なんとかマークの横まで艇を持ってゆくことができましたが、まだまだ場数を踏んでいく必要がありそうです。
救助練習を終えてみると、トラベラーのブロックが吹っ飛んでいました。
どれほど強い力がメインにかかっていたのか、この破損が物語っています。

救助練習の後は、赤白からの安全な入港ラインを確認しながら入港。
海況も厳しく、ダブルハンドで忙しかったので、今日の練習はあっという間に感じました。
予報では明日も風が強いようなので、明日も気合を入れていきたいと思います!

2月22日

メンバー:今村、床島、大澤コーチ
風速:20ノット
風向:北東
海況:荒天

今日も風が強く、荒天練習となりました。
出航してジブを上げ、まずはクローズで安定して走る練習です。
波やブローがきついですが、ヘルムとメインを合わせればしっかりと走れました。

続いて、デッドランの風位で船を安定させて走らせる練習をしました。
今回はジブで観音開きをさせて走りましたが、これはスピン上達へのトレーニングにもなります。

その次には、落水救助をしました。
昨日も練習しましたが、今日はライフポールを海に落として回収する練習もしました。

落水救助を終えた後は、赤白付近からヒーブツーをして昼食です。

昼食後は、ジブチェンジの練習です。
やはりこの海況では、作業するのは大変ですね。
クルーはバウからコックピットまでを行ったり来たりの大運動会。
ヘルムはヘルムで、タック中に張りヤードを引き込んだりと忙しい!
ジブチェンジ練習は2回しか行いませんでしたが、もうクタクタです。
ジブチェン練習もまだまだ繰り返して、スタミナが切れないようにする必要がありますね。
・・・頑張ります!

ジブチェンジの後は、タックを繰り返しながら赤白へ向かって諸磯へ入港しました。
ちなみに入港後のポンツンまでは、大澤コーチのヘルムで帆走入港です。
エンジンは一切使わず、ジブとメインを上げたまま入港。
ハーバー内で小さくタックをしながら湾の奥へと進んでいきます。
最後にメインとジブを一気に下ろして、惰力でポンツンまでアプローチしました。
完全に帆走で入港するのは今回で始めての経験でしたが、いい勉強になりました。

今日で春合宿第二週は終了です。
合宿前半はレース練習とレース本番、後半は荒天下の帆走練習と盛り沢山な5日間となりました。
最後に、今週お世話になった虫賀監督・大澤コーチ、どうもありがとうございました!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中