整備合宿

3年の今村です。
先日、整備合宿を行なって参りました!
文量が多くなってしまいますが、整備の報告をさせていただきます。

1日目
メンバー:今村・床島・檜森(夜に合流)
天気:くもり時々雨

11時、諸磯集合
まずは、昼食を食べつつ整備全体の計画を練ります。
昼食後は岩田さんのガレージへ移動して、整備グッズの確認です。

15時、ネオパの備品を搬出
ポンツンに付けて、備品を運び出します。
去年の夏以降は搭載品にはかなり意識を払っていたので、比較的あっさりとした作業になりました。

16時、買出し
いなげやまで足を伸ばして、整備グッズの補充と食料購入です。
ちなみに、徒歩での買出しです。最近はいなげや程度までは普通に歩いていきます。
クルージングを始めると、「2時間程度までなら散歩」のように時間の感覚が変わりますが、
最近のKCCは徒歩での移動についても長時間を苦にしない傾向がありますね。

19時、夕食
夕食はカップ麺です。
整備中は調理器具や食器も限られてくるので、ネオパでの食事は質素なものになってしまいます。
ちなみに、今村・床島のチョイスはカップ焼きそば。KCC魂ですね(笑)
食事のあとは、しばらく自由時間です。
床島は船内に残って最近購入したスマートフォンをいじり、自分は諸磯周辺を徘徊していました。
さすがに3年目の夏となると、諸磯から徒歩30分圏内はかなり散歩してしまいました。
知らない場所を散歩できる夏クルが待ち遠しいです・・・!
22時30分、檜森が諸磯に到着。
そこから盛大な宴会が催されたはずなのですが・・・自分にはその時の記憶がほとんどありません。
檜森がくるまでには既に自分は酩酊していたわけで、もう意識が遠のいてしまっていました・・・
ただ覚えている数少ないことは、
自分が平安貴族風に「よきに計らえ」を連呼していたことと、
床島がチャッカマン等のいろいろなものを投げつけてきたことです。
そして檜森が暴走気味な上級生にツッコミを入れていたことでしょうか。
そんなこんなで、気づけば深夜に。
盛り上がった宴もそこそこに切り上げ、明日以降の激務に備えてこの日は就寝となりました。

2日目
メンバー:今村・床島・檜森
天気:くもり時々雨

8時、起床。
朝食はヨーグルトとグレープフルーツです。柄にもなく、健康志向ですね。

9時40分、上架。
京急マリーナにてネオパを上架して、船底掃除を開始です。
やはり暖かくなってきたせいでしょうか、春整備よりも生物が多くついています。
ネオパについた海草をかき分けてみると、そこにはプランクトンのような小動物がぎっしりです。
どんないきものが居るのか、作業を放棄して観察したい衝動に駆られました。
ヘラで生物を落としたところで、ヤスリとブラシで塗料をはがしていくのですが・・・作業が終わりません!
昼を挟んで午後の作業になっても、塗料の終わりが一向に見えません・・・

15時、気分を変えるためにライフライン整備に浮気です。
檜森にテンション調整の方法を伝授しつつ、劣化したテープも巻き直しました。

16時、床板の美化作業です。
こちらは床板を紙ヤスリで磨いてニスを落とし、ニスを塗り直すという作業です。
床板は岩田さんのガレージまで運んで、そこで場所をお借りして作業を行いました。

18時、シャワーで汗を流した後で買出しです。
この日はフジにて買出しをしたのですが、紙ヤスリの在庫が不足していたのと、
上架で船内灯が使えないため照明を購入する必要がありました。
そこで自分はバスにのりワークマンへ行くことに。

20時30分、夕食。
船外にコンロを出して、肉を焼いて食べました。
「整備中は手の込んむ料理は作らない」と言いつつ、安売りの肉の魅力に負けました。
でも主食はご飯ではなく安売りしていたフランスパンに妥協。手間のこともちゃんと考えてます。
焼肉のようなこってりした料理には、硬いフランスパンがよく合うことが判明しました。
焼肉とフランスパンの相性が思った以上に良かったので、今後もフランスパンが活躍するかもしれません。

22時、作業再開です。
昼間に残した、床板みがきの続きをします。
人数と仕事量から、夜作業も必須です。夜に作業すると、テンションが上がりますね。
KCCの雄叫びと摩擦音が、夜の諸磯に響きました。

3日目
メンバー:今村・床島・檜森
天気:くもり時々雨

7時、起床。
8時、船底掃除。
昨日の続きで船底掃除をします。
艇が乾くことで落としそこねた藻が見やすくなったので、残りの藻を落としていきます。

9時30分、休憩。
ずっと曇りと小雨でジトジトしていた整備合宿ですが、初めて晴れてくれました。
やっと夏がきたという感じがします。海が呼んでいます。
ということで、岩田邸前の岸壁から海へ。
海は引き潮で浅瀬になっていて、
水際を歩き回るだけでも、ウニやウミウシなどいろいろな生き物を見つけることができました。

10時、作業を再開して、床板のニス塗りをします。
ニス塗りは研磨と違って、力が要らず作業がラクなのがいいですね。

11時、船底塗装1回目。
いよいよ船底に塗料を塗っていきます!
やはりこちらも磨くという辛い作業とはうって変わって、楽しい作業です。
ただ熱中しすぎると、とんでもないところに船底塗料が・・・!
軍手を透過して塗料が手につくうえに、これがなかなか落ちてくれません。
昼食前は、手を洗うのにかなりの時間を費やしてしまいました。

12時40分、作業を再開、2回目の床板ニス塗りです。
一度目で要領は得ていたので、あっさりと終わらせることができました。

13時15分、船底塗装2回目です。
こちらも、2度目なので作業はスムーズに進むかと思われたのですが、かなり時間がかかりました。
3人だと、どうしても時間はかかってしまうようですね・・・ネオパは大きいです。

15時30分、ここで作業を分担しました。
自分は3回目の床板ニス塗りを、床島と非森はウインチ整備をすることになりました。

17時、作業終了。
シャワーを浴びて、夕食と買出しに行きます。
この日は整備合宿の中打ち上げと称して、いなげやの近くに新しく出来たステーキガストへ。
このお店には、ステーキを注文するとサラダ・ライス・パンなどが食べ放題になるというステキなシステムが!
値段もお手頃で、その上食べ放題。今後のKCCのスタンダードになりそうです。
夕食の後、用事のある檜森は帰宅。
自分と床島はいなげやで買出しをしました。

20時30分、夏クルで使うチャート整理です。
夏クルの目的地である和歌山の勝浦への行程のチャートを確認していきます。
いくつか古いものもあったので、チャートはクルージング直前で買う必要がありそうです。

22時30分、作業終了。
床島はネオパで休憩、自分は毎度の事ですが散歩に行きました。
三崎港方面へと歩いていったのですが、なぜかこの日は気分がのってきません。
疲れているせいでしょうか?
いつもはほろ酔いで散歩をすることが多いのですが、この日はシラフだからでしょうか?。
しばらく歩いていくと、歩道沿いの右手側にある草ヤブから音がします。
大型犬からヒトくらいの大きさのものが、ヤブの中を移動しているような音です。
そして「それ」は、自分の数メートルとなりを移動している様子。
民家も近くにあったので、作業中の人がいるのだろうとのんきに構えていたのですが、どうもヘン。
ずっと「それ」が真横を並走するように移動しているようなのです。
自分が足を止めてみると、「それ」も止まる。歩き出すとまたついてくる。
バックして道を戻ると、一緒にヤブを引き返す。
どうやら「それ」はこちらの様子を見ていて、自分についてくる意思があるようです。
ここで自分は気味悪くなってきたので、もう諸磯に引き返すことに。
道沿いのヤブが終わりから先は、「それ」がついてくることはありませんでした。

夏だからでしょうか、少し涼しくなるような体験でした(笑)
ちなみにネオパに戻ってみると、床島はすでに寝ておりました。

4日目
メンバー:今村・床島・虫賀監督
天気:くもり時々雨

7時、起床。
8時、作業開始。
この日の最初の作業は、船底塗装の3回目です。
床島と自分の2人での作業になったため、昨日よりもさらに時間がかかってしまいました。

12時、昼食。
昼からは整備を手伝いに来ていただいた虫賀監督も加えて、3人での作業となりました。
まずはタフラフの交換です。
今回の整備ではタフラフの下から50センチくらいの箇所が破損しており、
セールをリードしにくくなっていたため交換用のフォイルを発注して付け替えることになっていました。
交換用のフォイルは丸めた形で郵送されてきたので、形にクセがついており装着には一苦労です。
フォアステイにはめ込むのも、想像以上に腕力と握力を使いました。
説明書の作業目安時間は15分だったのですが、実際は1時間強かかってしまいました。
・・・何かおかしなやり方をしていたのでしょうか?

14時30分、エンジン整備。
いよいよ整備の要の一つであるエンジンに着手です。
とはいえ、自分はこの時まだタフラフと格闘中だったために、床島と監督に作業を任せてしまいました。
この日はクラッチオイル交換・オイルフィルター交換・エレメント交換をしていたようです。
途中から作業を見学していたのですが、
自分は本格的なエンジン整備を見るのは初めてだったのでいい勉強になりました!

17時、セール整備。
ネオパからセールを下ろして、セールを補修します。
破けたり弱くなっている箇所はリペアテープで補強し、テルテールを付け直していました。
ちなみにこの時自分は防食亜鉛の交換に挑戦していました。
2つある防食亜鉛のうち1つは交換できたのですが、もう1つがどうしても外れなかったので明日へ保留。
詳しくは書いていませんが、
今回の整備では「やってみると上手くできないので保留」という事項が意外と多かったのが印象的です。
今回の反省は、次回に引き継げる形でしっかりと記録を残しておきたいと思います!

19時30分、本日の作業終了。
監督にクワーズと食事に連れていってもらいました!
実はクワーズは現役が行ったことのない諸磯スポットです。
個人的には、電気風呂が忘れられません。
クワーズで汗を流したあとは、夕食です。
そしてなんと、この日の夕食もステーキガストでした(笑)
もうKCCはステーキガストに惚れ込んでますね!

23時、夕食後買出しをすませて諸磯に帰ってきました。
京急の軒下でビールを飲みつつ、整備合宿の残りや夏クルに思いを馳せたりしました。
また、この時開催されていた鳥羽レースも話題になったりしていたと思います。
長距離レース、憧れます・・・!
そうこうしているうちに日付が変わり、雨足も弱まってきたのでネオパに戻って就寝しました。

5日目
メンバー:今村・床島・虫賀監督
天気:くもり時々雨

7時30分、起床。
この日は作業分担をして整備を進めました。
自分と虫賀監督はハルの美化を。
川崎さんから道具をお借りして、ハルの汚れを落としていきます。
まずは全体に酸をかけて、黄ばみを落としていきます。
そして次にコンパウンドを付けてハルを磨く。
するといくらこすっても落ちなかったハル汚れがみるみる落ちてゆくではありませんか!
ハルに飛び散った船底塗料も、着岸のときについたゴム跡も、キレイに落ちていきます。
「消したい過去や煩悩もこのコンパウンドでなら消し落とせるのではないか」などと、
ハルを黙々とみがきつつ、人知れずテンションが上がっている自分がいました。

一方床島はエンジン整備の続きです。
インペラ交換・Vベルトの着脱・防食亜鉛の交換が主な内容だったようです。
これらは主に4日目で保留にした事項だったので、作業は難航したようです。
ですが、最終的に床島が根性を発揮し、すべての整備事項をやり遂げてくれました!
エンジンのカリスマ、床島の誕生ですね!

17時、船内とデッキの美化作業です。
ハル美化とエンジンに時間の多くを費やしたため、軽くさわりだけをやることにしました。
自分と床島は船内の船底を掃除を、監督にはデッキ部分のコンパウンド研磨をやっていただきました。

18時、京急でシャワーを浴びてから夕食へ。
この日も監督に来来軒へ連れていっていただき、いろいろとご馳走になってしまいました。
整備合宿の唯一の楽しみは食事くらいなので、本当にありがたいことですね・・・
食後は買出しを済ませ、諸磯へ帰ります。
ここで監督とはお別れです。
作業人数が2人と3人では効率が大きく変わってくるので、監督に協力していただいて本当に助かりました!

20時、作業再開。
残りの整備事項を検討した結果、
明日の予備日で整備が終わらないおそれがあったため徹夜覚悟で夜間も作業をすることに。
夜間は暗いので、夜でもできる整備事項を優先的に扱っていきました。
まずはデッキ掃除。通常と同じく、デッキに洗剤をまいてブラシでこすっていきます。
そして次に、ネオパから搬出した備品のチェックです。
この夜作業では、ある種「やけくそ」に近い異様なテンションを発揮。
みるみる作業が片付いていきます。

23時40分、備品チェックが終了。
夜間にできる作業は全て終わらせました・・・
部員の体力も限界に近かったため、この日の作業はここで終了し、就寝することになりました。

6日目
メンバー:今村・床島
天気:晴れ

整備合宿は予備日である6日目に突入です!

5時、起床。
周囲が明るくなってきたら、即行動開始です。
まずは船内清掃をやることに。
先日の続きということで、壁や戸棚そしてバウ・キッチン・スタン・トイレなど各所を拭き掃除していきます。
水周りや湿気がたまりやすいところはカビが繁殖していましたが、キレイに拭き取っていきました。
船内はどうしても湿気がちですが、普段からマメに湿気取りを交換するといいのかもしれません。

7時30分、掃除終了。
これで整備の主要事項のほとんどが終わりました!
あとは、整備の備品搬入・整備片付けをするだけです。
この日は天気が良かったので、毛布やクッションを干しつつ残りの作業を行いました。

11時50分、ネオパをフォークリフトにつり上げてもらいます。
船台で掃除と塗装をが出来なかった部分の船底整備を行います。
リフトを使わない昼休みの間で塗装と塗料の乾燥をさせる必要があったので、大急ぎで作業をしました。

14時30分、下架。
ついに、整備合宿のクライマックスです。
キレイに塗り直されたネオパの船底が海へと入っていきます。
作業に追われた6日間の事を思うと、感慨深いです。
そして自分の中で夏クルへのモチベーションが高まってくるのが感じられます。
この整備の苦労を十二分に活かすために、夏クルは全力で楽しんでいきたいと思います!

15時、船内の片付けと私物をまとめて解散、諸磯から自宅へ。

以上、これが整備合宿の報告です。
時間が足りずに未完だったり、保留したままの整備事項もまだ残ってはいるのですが、
この人数と時間の中でやれることはやれたと思います。整備合宿に悔いなしです!

無事に整備合宿も終わったということで、
いよいよKCCは明日8月4日から夏クルに突入します!
申し訳ありませんが、夏クル中はなかなかブログ更新をすることはできないかもしれません。
でもその分、ツイッターにてレグ進行状況やクルージング先の出来事を報告してゆく予定です。
ホームページ右端のツイッター欄などから現役の様子を覗いていただければ幸いです。

最後に、
現役整備を計画段階から見てくれた虫賀監督と大澤コーチ、
そして整備に協力してくれた京急の方々、
おかげで無事に整備を終わらせることができました。
本当にありがとうございました!
以上、失礼します。

整備合宿」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中