ANIORU’S CUP 2013 報告

遅くなりましたが、本日はANIORU’S CUP 2013の結果報告をさせて頂きます。

今年は横浜ベイサイドマリーナでの開催となりました。クルーは4年今村さん、二年檜森、一年遠藤、あと今年度
入った二年生の諏訪の四人です。参加校は慶應、日大、明学、都市大、防衛、神戸、甲南の七大学です。また
運営側に千葉大も参加していました。それでは慶應の参加したレースの詳細をお伝えします。
 
 
まずは一日目、16日の第一レース。走るのは慶應、神戸、日大、防衛です。
初めのスタート、慶應は出遅れ4着からの立ち上がり。風は東に振れていたのでスタボタックで上っていきます。
徐々に追い上げをかけていき、日大に並びます。そして風上で回航を行いスピンアップ。この時点で神戸、防衛、
慶應、日大の順。しかし下マーク回航の際、ワークが追いつかず行き過ぎてしまいます。そのまま抜かれ、追い
つけないまま4位でフィニッシュとなりました。
 
同日第三レース。慶應、明学、防衛、都市です。
ここでも慶應スタートに失敗。二位に差をつけられてしまいます。その後も頑張りますが、上マークを回ったとこ
ろで風向きが180度回転。慌ててスピンを降ろしましたが、下マークにクローズでアプローチすることに。まさに
ポルナレフ状態です。そしてやっぱり取り戻せずに3位で終わりました。都市はトラブルでDNCです。災難。
 
そして二日目、17日の第五レース。慶應、明学、甲南、日大です。
このレースでは良い感じに風が吹き、レースに最適!というような回でした。まずスタート、慶應は下側のライン
から出発してしまいます。しかしなんとか追い上げ、上マークでは甲南、明学に追いつきます。そして回航、ス
ピンアップ。ここで明学、甲南は互いに風を食い合って失速。慶應がすり抜けて二位に出ます。しかし下マーク
回航で無駄なジャイブを挟み、また第三レグでレイラインを行き過ぎ、甲南、明学に追い抜かれます。第四レグ
では観音で追いかけるも取り戻せず、四位でゴールです。僕はこのレースが最も悔しかったですね。
 
最後の第七レース。慶應、甲南、神戸、都市。
このレースは・・・なんというか、非常に情けないです。風が上がった為ジブチェンを決断。ナンバー3に変更中に
予告信号が。作業急ぐも時は無情、スタートのホーンが鳴り響きました。メインのみで帆走するも当然引き離さ
れていきます。第一レグ中盤に差し掛かりようやくジブアップ。下りではスピンを上げない決断を。間隔が開いて
いきます。第四レグではスピン禁止の旗が揚がったのでヤケクソで観音作戦。あえなく四位となりました。
 
 
結果!慶應は七大学中六位でした!オープン参加なので正式な順位的には最下位になりますが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中