慶應ヨットサークルとして。

初めての投稿になります。KCC3年の永井裕太朗です。
来年は僕のKCC生活の最後の1年となります。そんな中で、KCCの存在意義について考えることが多くなっております。

僕が感じるKCCの大きな魅力はレースでも、クルージングでもなく、セーリングの魅力を存分に楽しめる環境があるという事だと思います。ネオパトスやMelges20、そのほかにも外洋レースや、マッチレースなど、ヨットを使った活動になんでも欲張って手を出すことができる。そのようなことができるのは、KCCが今まで積み重ねてきた、歴史と伝統がなせるものです。

来年度の新歓に向けて、慶應クルージングクラブのホームページもますます魅力的なものにしていくつもりです。ぜひチェックしてみて頂けると嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中